京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

高校男子のAさは、何も原因が無く、一ケ月前頃から腰が痛くなり、徐々に日常生活に支障が出始め、痛みの為、学校で授業中に座っていられなくなるまでに悪化して、病院を受診。
検査などの結果から、椎間板ヘルニアの診断で、暫く様子を見るように言われたそうです。
江原鍼灸整骨院.での初診時は、お年寄りのように腰を曲げた状態で、痛みの為に、二~三分しか座ることは不能、特に靴下を履くような動作が困難でした。
除外診断が済んでいること、エコー検査や問診、整形外科テスト、触診などから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと判断しました。
運動考察、触診から、右の多裂筋、右の腸腰筋、右臀部の筋を割り出し、そこに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースを施したところ、可動域がすぐに改善、痛みも大幅にやわらぎ、三回の施術で略治としました。
椎間板ヘルニアと診断された痛みに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースが効果あったことから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられる症例です。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

 赤いマークを中心に施術

1452

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月15日(金) 15:02

三十代男性のAさんは、四ケ月程前にレンタカーを借り、長時間運転をしてから、左の坐骨や仙骨付近に痛みを覚えるようになりました。
仕事の大半がデスクワークと言う事で、次第に仕事にも支障がでるようになり、病院を受診したそうです。
検査の結果から、椎間板ヘルニアと診断され、もう少し様子を見ましょうと、飲み薬が処方されたそうです。
しかし、薬を飲んでも一向に良くならないので、カイロプラクティック・鍼灸も試されたそうですが、効果はなかったそうです。
来院時、除外診断が済んでいること、問診、触診などから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと判断し、施術に入りました。
左股関節の外旋筋を中心にできた、活性化したトリガーポイントを中心に、トリガーポイント鍼・筋膜リリースを加えたところ、四回の施術で痛みなく座れ、日常生活に支障がなくなるまでに良化したので、略治としました。
椎間板ヘルニアと診断された痛みに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースが効果あったことから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられる症例です。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

赤いマークを中心に施術

32145

 

 ★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月13日(水) 07:22

五十代男性のAさは、ゴルフが大好きで、休みの日はゴルフと言うような生活を、長く続けて来たそうです。
冬から春になる頃に、さらなる向上を求め、スイング改造に取り組んで暫くしてから、左の腰から臀部にかけて違和感が出はじめ、それでも練習を続けるうちに、ついにコースで痛みの為に動けなくなったそうです。
病院を受診すると、検査結果から、椎間板ヘルニアの診断。
痛みが引くまで、ゴルフをしないようにと指示され、リハビリに通院していたそうです。
リハビリをしても、ゴルフを休んでも一向に良くならず、体を左に傾けたり、左に捻ると激痛が走ると言う訴えでした。
江原鍼灸整骨院.に初診来院時に痛くなる動作から、左の腸腰筋、腰方形筋、臀部の筋を割り出し、そこを中心に、トリガーポイント鍼・筋膜リリースで、五回の施術を行ったところ、痛みなくゴルフのスイングができるまでに回復。
これで、秋のトップシーズンはゴルフ三昧です。と言う嬉しい感想をいただきました。
椎間板ヘルニアと診断された痛みに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースが効果あったことから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられる症例です。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

 赤いマークを中心に施術

231

 

★下の動画は、エコーガイド下での背部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月10日(日) 09:03

40代女性のAさんは、事務職で一日中座っていることが多く、腰は常に張っている状態で、整体で治療を受けていたそうです。
3か月前に、掃除機をかけている時に、腰に激痛が走り、整体で治療を受けるも一向に良くならず、病院を受診すると、椎間板ヘルニアだが、手術をするほどでもないと言う診断だったそうです。
しばらく、処方された飲み薬を飲み、湿布を貼り、リハビリを受けに通院をしていたそうですが、一向によくなる気配もなく、時間ばかりが過ぎて行ったそうです。
ここ最近は、仕事は休みがちになり、早く何とかしなければと言う思いで、ネット検索すると、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みがあることを知り、江原鍼灸整骨院.を受診されました。
ツボの鍼施術は、何度か試したことががあったそうですが、自分には合わなかったと言うお話でした。
しかし、トリガーポイント鍼・筋膜リリースは、今迄受けたツボの鍼治療とは全く別物で、悪い所をピンポイントに施術してもらっている事がわかり、リラックスしながら、気持ちよく施術を受けることが出来た、と言う感想をいただきました。
Aさんの場合は、4回の施術で、痛みを気にすることが無い位に回復し、無事に仕事に復帰することが出来ました。
椎間板ヘルニアと診断された痛みに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースが効果あったことから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられる症例です。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

 赤いマークを中心に施術

7845

 

 

★下の動画は、エコーガイド下での背部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月06日(水) 08:35

30代女性のAさんは、10ケ月前に子供出産してから、持病の腰痛が悪化。
育児だけでなく、日常生活にも支障を来し、整形外科を受診。
椎間板ヘルニアと言う診断を受け、授乳中と言う事で、薬は飲まずにリハビリを受けていたそうですが、一向に良くならず、知り合いの紹介で受診されました。
鍼は痛い物と言う先入観があったそうですが、施術中はあまりの気持ちの良さに、深い眠りに落ちていたそうです。
5回の施術で、痛みを気にすることなく、家事や育児が出来るまでに回復されました。
椎間板ヘルニアと診断された痛みに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースが効果あったことから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられる症例です。
また、授乳中でも、トリガーポイント鍼・筋膜リリースは、薬のような副作用はありませんから、安心して施術を受けることができます。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

 赤いマークを中心に施術

2145

 

★下の動画は、エコーガイド下での背部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月04日(月) 15:57

三十代男性のAさんは、マラソンが趣味で、痛くなる前は、一月に200キロ程走り込みをしていたそうです。
一年くらい前から、太ももの裏に痛みが出るようになり、複数の整形外科で、梨状筋症候群、腸脛靭帯炎、椎間板ヘルニアと言う診断を受け、注射や投薬、リハビリを受けたが良くならず。
ランナー仲間に鍼灸院を紹介してもらい、鍼灸やマッサージを受けるも、その時だけ少し良くなる程度だったそうです。
徐々に、痛みが強くなり、インターネットで検索すると、自分の痛みが、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントとよく似ているので、江原鍼灸整骨院.に来院されました。
二回目の施術で効果を自覚し、三週間の施術で、痛みなく走れるようになったそうです。
梨状筋症候群、腸脛靭帯炎、椎間板ヘルニアと診断された痛みに、トリガーポイント鍼・筋膜リリースが効果あったことから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考えられる症例です。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

赤いマークを中心に施術

12546

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月01日(金) 15:03

40歳代男性のAさんは、1年ほど前から、右の臀部から脚が痛くなり、病院でMRI検査の結果から、臀部と脚の痛みは、椎間板ヘルニアによるものと言う診断を受け、ブロック注射やリハビリを続けて来ましたが好転せず、手術するしか痛みを取る方法は無いと言われたそうです。
インターネットで検索する間に、筋膜性疼痛症候群(MPS)と言う痛みがあることを知り、トリガーポイント療法・筋膜リリース専門院江原鍼灸整骨院.に来院されました。
骨折や悪性腫瘍の可能性は、除外診断が済んでいる事、徒手検査で、MMT、深部反射、知覚に異常は無く、座位のみで症状が悪化と言う病態であったため、トリガーポイント療法・筋膜リリースの適応と考え、治療を開始しました。
初診時、Aさんと超音波エコーのモニターを見ながら、白い膜のようなものに鍼が当たると、ズーンと言う得気を得て関連痛が出ることを確認してもらいました。
一か月半の間に6回の治療で、日常生活が問題なく出来るまでに良化したので、略治とした症例です。
Aさんの痛みに、エコーガイド下鍼が効いたことから、痛みの本態は、椎間板ヘルニアではなく、、筋膜性疼痛症候群が(MPS)と考えられる症例でした。

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

梨状筋を中心とした股関節の外旋筋群に、活性化したトリガーポイントがたくさんみつかりました。

 

74123

 

★下の動画は、エコーガイド下で臀部深部への刺鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、北野白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年01月16日(月) 12:20

四十代男性のAさんは、数年前に椎間板ヘルニアの手術をして、暫くはよかったとのことですが、ここ数年はギックリ腰を繰り返すようになり、病院を受診したところ、椎間板ヘルニアの再発で、二度目の手術を勧められたそうです。
知り合いに、江原鍼灸整骨院.のことを教えて貰い、県外から痛い腰を庇いながら、時間をかけて通院してくださいました。
初診時、痛みで腰が伸びず、体が傾いていましてが、週一回のペースで2ヶ月、8回の通院で仕事にも復帰でき、日常生活には困らなくなり、寛解と呼べる状態にまで良化しました。
また、トリガーポイント・筋膜リリース療法は、高度な技術が必要であると同時に、とても時間がかかる治療です。
治療する時間がかかると言う事は、治療を提供する側に取っては、あらゆる面でかなりの負担になるのですが、長くかかる時間を利用しながら、慢性痛と呼ばれる脳の状態、それを変えるには治療だけでなく、認知行動療法の必要性をお話し、日常生活の中でよく歩くなど運動を取り入れていくことや、元気になった時にどんな自分でいるのか? etc イメージを強化する方法のようなものを宿題としてお出ししました。
Aさんは、そのアドバイスをしっかりこなされ、自分で治すんだと言う強い意志を持たれたことが、治癒への大きなき力になったと思われる症例です。

★下の図のように、赤いマークの腰を中心とした体幹、臀部、大腿上部などのトリガーポイントを治療しました。
青い部分は。ヘルニアの手術痕です。 

 

kizu 

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

 

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2016年03月04日(金) 08:37

半年くらい前から、何のきっかけもなく徐々に腰から臀部の痛みが増してきて、MRI検査の結果で、椎間板ヘルニアの診断。
ブロック注射も数日しか効果なく、百メートル歩くのが精いっぱい、仰向けで眠れないと言う状態で来院された、 20代前半の男性の症例です。
時折、患者さんに体の中で鍼がどのように動いているのか確認してもらいながら、エコーガイド下でトリガーポイント鍼灸を行いました。
中殿筋の後部仙骨付近に一番感作された部分があり、他の殿筋や腰部、腓骨筋など赤いマークのところを四回治療したところ、症状が寛解と呼べる状態にまで良化したので、略治とした症例です。

椎間板ヘルニアの治療例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

iga

 

★下の動画は、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼のイメージであり、今回の症例と下の動画は関係ありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2016年01月06日(水) 07:22

硬式野球部に所属する高校生が、去年の暮れも押し詰まってきた頃に、インターネットで検索され、京都市北区白梅町方面より来院されました。
主訴は右腰の痛みで、去年の夏頃に徐々に痛みが強くなり、病院を受診したところ、椎間板ヘルニアからくる痛みと言う診断で、安静を指示されたそうです。クラブを休んで安静にしても痛みに変化がないので、近所の治療院に毎日のように通院して、腰に電気をあて手技を加えてもらっていたそうです。治療直後は楽になるが、次に日には、元に戻ると言うお話でした。
筋力検査、深部反射は異常なし、腰椎分離症など、除外しておかなければいけない疾患の検査は、すでに済んでいたことから、筋膜性疼痛症候群(MPS)と判断して、治療を開始しました。
右の腰が痛いと言う事でしたが、動作分析や触診から判断すると、右の中殿筋の後縁部に訴える痛みの原因があるように思えました。そこを中心に、トリガーポイント鍼治療をしたところ、治療直後から、運動時の痛みがほぼ消失。
年明けに来院された際には、少しまだ違和感が残ると言うことでしたので、もう一度、トリガーポイント鍼治療をし、治療後、痛みや可動域が改善している事を確認。痛みがぶり返すようであれば、また来てくださいと指示し、略治とした症例です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)や、トリガーポイントは、ありふれているにも関わらず、医療従事者の多くが、その存在すら知りません。
江原鍼灸整骨院.は、京都JR嵯峨野線円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートルの場所にある、トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院です。
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐですので、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰痛などの
痛みやシビレ、不定愁訴でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2015年01月14日(水) 14:15