京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告 (2015年11月)

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

脊柱間狭窄症と診断され、酷い時には200メートル連続してあるくと、下腿が痛くて休まなければ歩けない、50歳代男性の症例です。
動画の画面中央下で、鍼先が白い筋膜をつついて、リリースしている様子が伺えます。
動画5秒あたりで、画面中央下の白く写し出されたところに鍼が当たると、下腿に関連痛が発生しました。
場所は、中殿筋の後部繊維となります。
この部位は、下腿に行く神経がある部位から大きく離れていますので、脊柱管狭窄症と呼ばれる症状は、神経が圧迫され起こるのではなく、臀部に出来たトリガーポイントと呼ばれるものが、原因かもしれません。
脊柱管狭窄症と呼ばれる症状で、お困りの方に、当院の施術が、お役に立てるかもしれません。

実際に当院で行った、脊柱管狭窄症の治療例です。⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2015年11月23日(月) 11:37

20代前半男性の腕をよく使う競技選手の症例です。
2~3年前から、右前腕の違和感で競技生活に支障が出はじめ、総合病院、スポーツ障害を得意とする整形外科、鍼灸、整骨院、整体 etc を受診されています。
はっきりした診断のないまま、スポーツ選手に違和感は付き物と言うような対応、治療やリハビリも行っても違和感に変化が出ず、インターネットで検索され来院されました。
肩周囲から、前腕の屈筋、伸筋、特深指屈筋を中心に3回の治療後、ずいぶん、違和感が楽になったと言う事でした。
今回は、尺側手根屈筋に鍼を横刺した様子をエコーで見てもらいながら、治療を進めました。
画面左の矢印の上に鮮明に鍼が入ってくる様子が確認でき、白い筋膜に鍼が当たるとズーンと言う感じ(得気)が発生しました。
スポーツ障害の症状でお困りの方に、当院の施術が、お役に立てるかもしれません。

 

 

カテゴリ:手・腕の痛み

ebara / 2015年11月11日(水) 07:04

ぎっくり背中の痛みで来院された40代男性の症例です。
一通り背中の治療を済ませ、体を動かしてもらうと、背中の痛みは良化しましたが、左腰の痛みが顕在化したと言う事でした。
そこで、エコーで患者さんと確認しながら、トリガーポイント鍼灸を行いました。
下の動画は、第4腰椎の約2センチ左外側の最大圧痛点に鍼をした時の様子です。。
鍼先の確認は困難だとおもいますが、鍼に突かれた白い筋膜がモゾモゾ動くのが確認できると思います。
その時に、私の悪い所はソコ!と言う認知覚が発生しました。
ぎっくり背中の症状でお困りの方に、当院の施術が、お役に立てるかもしれません。

 

 

カテゴリ:腰の痛み

ebara / 2015年11月10日(火) 15:01

むちうちの症状で来院された30代男性の症例です。
右側を上にして、首と肩の境界付近に鍼をしている様子を、エコーで患者さんと確認しながら、トリガーポイント鍼灸を行いました。
見辛いと思いますが、5秒辺りから、矢印の付近の鍼先が、白い筋膜をモゾモゾ突いているのが確認できると思います。
その時に、私の悪い所はソコ!と言う認知覚を確認できました。
また、鍼先の下のサボテンのような物が見えると思いますが、それは肋骨で、鍼先が肋骨を越えると肺があるので気胸を起こし危険です。
しかし、一般的に危険と言われる部位も、エコーで確認しながら安全を担保していますので、鍼をすることが可能です。

 

 

 

カテゴリ:首の痛み

ebara / 2015年11月06日(金) 20:42

膝裏外側(大腿二頭筋)の痛みで来院された30代男性の症例です。
エコーガイド下で、大腿二頭筋に鍼をした時の様子です。
画面の矢印の上付近でモゾモゾ動いているのが鍼先です。
鍼治療がが初めてで不安を感じておられたために、エコーの画面を見てもらいながら治療をしました。
画面で、鍼が白く写し出された筋膜に当たるとズーンと来る感じを見てもらい、治療後、痛みが軽快していることを確認していただくことができました。

 

 

カテゴリ:膝の痛み

ebara / 2015年11月05日(木) 20:42