京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

最新の記事

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

漢(男)のブログ

院長の趣味について綴ったブログです。

2007年01月08日(月)
2007年01月06日(土)
2007年01月03日(水)
2006年08月22日(火)
2006年08月19日(土)
2006年08月18日(金)
2006年08月16日(水)
2006年08月14日(月)
2006年08月13日(日)
2005年05月07日(土)

建物の二階が浴槽で、下に流れて来たお湯を利用しての、洗濯場があります。

浴室は4~5人入れる主浴槽と洗い場のみ。

湯は透明で少し熱めの湯が掛け流しで利用されています。

白い湯の華が結構な量で舞っていました。

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2007年01月08日(月) 19:25

内湯:浴室は5人ほど入れる主浴槽と洗い場のみ。

湯は透明感のある緑色で硫黄臭の激熱の湯が掛け流しで利用されています。

少量ながら黒い湯の華も浮遊しています。

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2007年01月06日(土) 19:46

今回スキー以外の楽しみと言えば温泉です。

野沢には13もの外湯があります。

すべて、無料で開放されています。

野沢はの街は坂道が多いので、散策や、スキー場に向かう時は、泊まる施設にとっては、歩くのに疲れます。

野沢のシンボル大湯。浴槽の横に脱衣棚があります。あつ湯とぬる湯がありますが、ぬる湯でも十分過ぎる程熱いです。土産物屋のあるメイン通りにあるので、いつも大勢の人で賑わっています。

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2007年01月03日(水) 22:16

鹿児島市内に買い物に出掛けた帰り道、いろはの湯と言うスーパー銭湯に立ち寄って来ました。

鹿児島は、オイルショックの時に燃料削減の為に、個々の銭湯が掘削して自家源泉を持っているらしく、市内にある銭湯の大半が、本当の温泉を使用しているそうです。

いろはの湯も天然温泉ですが、この規模になると当然ながら、温泉は塩素で消毒されています。シャンプーや石鹸は各自持参するシステムですが、360円とは、かなりお得でしょう。

湯上りには、鹿児島名物のしろくまも頂けます。

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2006年08月22日(火) 09:25

薩摩半島の頴娃町にある辻風丘温泉です。

ここのお湯は、ぬる目でヌルヌル感の強い良いお湯です。

露天風呂からの見晴らしも最高で、目の前に開聞岳が目の前に見える、

絶好のロケーションです。浴槽は、御影石の一枚岩をくりぬいて造られた、立派な物です。

料金は310円也!

 

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2006年08月19日(土) 09:47

ここ指宿と言えば砂蒸し温泉が有名です。

子供達とやって来たのは、砂楽です。

指宿には、沢山の公衆浴場があり、子供連れてなかったら、そちらのの温泉に行きたかったのですが、子供のお願いには弱い。

 

 

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2006年08月18日(金) 09:27

鹿児島へ移動する途中に、以前から行きたかった助代温泉に寄って来ました。

湯は天然のグリーン色をした、硫黄の臭いのする温泉です。

浴舎も鄙び系です。

値段は少し高目の330円。(それでも安いけど)

 

 

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2006年08月16日(水) 19:24

ここも、内牧温泉の中にある立ち寄り湯の七福温泉です。

入浴料も同じく100円。お湯は、かなり熱めで、肌が真っ赤になります。

あまり特徴ちゅうのも無いのですが、じゃんじゃん掛け流しです。

 

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2006年08月14日(月) 19:08

宿泊した阿蘇の近くに、内牧温泉がありました。

ここは、立ち寄り湯が沢山あります。

それも、大人100円とかで、掛け流しの極上のお湯が味わえます。

田町温泉。この鄙びた佇まい、お湯の温度は低目ですが、この時期には最高。

湯の花が乱舞する、京都では絶対に体験する事の出来ない温泉。

この浴場を見た次男が思わず、お父さんホンマにここ入るの?ボロ過ぎ!って言います。

 

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2006年08月13日(日) 18:50

宿泊は、片山津温泉近くの料理民宿に泊まりました。

感想は、やっぱり出す物出さないとあきまへんわ!(^o^;

この辺りは、海側から片山津、山代、山中温泉と有名な温泉地が続きます。

番長家族は、宿を後にして一路山中温泉へ向かいました。

山中温泉へは、13年ぶりの訪問になります。

ここへ来た目的は、総湯菊の湯へ入るためです。

総湯とは、簡単に言えば共同温泉です。

総湯の中は、大きな浴槽に少し硫黄の臭いがする、熱めのお湯が張ってあります。

水深は1メートル程あり、浴槽の周りに腰掛けるところがありますが、なにせ、湯温が熱めなので、15分程で退散(^o^;

この時期の山中温泉は、新緑が美しくて、お湯も良く最高です。

 

カテゴリ:温泉

ebara / 2005年05月07日(土) 21:50