京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告 (2013年07月)

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

今月の初めに、雑誌わかさを見て88歳の男性の患者さんが、来院されました。
この患者さんは、三年くらい前から腰痛が悪化し、整形外科に通院しながら投薬、湿布、物療、マッサージなどの治療を受けていたそうですが、五月の下旬に両方の脚に耐えがたい痛みが起こり、通院中の整形外科の医師に訴えたところ、あなたの痛みは坐骨神経痛ですが高齢なので仕方ないと言われたそうです。
違う病院の整形外科を受診すると、脊柱管狭窄症から来る痛みなので手術をしたほうが良いが、高齢なのでリスクも大きいので、手術するならもっと大きな病院を紹介すると言われ、途方に暮れていたそうです。
そんな折り、わかさで当院を知り受診してくださいました。

この患者さんの場合、右の脚の痛みは、二回のトリガーポイント鍼治療で、左の脚の痛みは、合計五回のトリガーポイント鍼治療で、痛み無く歩けるように回復されました。
トリガーポイント鍼治療は、手術のようにリスクがある治療法ではありませんから、長引く痛みや痛みの為に手術を考えておられる方に、一度は試していただきたい治療法です。

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2013年07月27日(土) 07:51

高齢の女性の患者さんの症例です。
去年の秋ころに歩くと左の殿部からスネにかけて痛くなり、整形外科を受診して、MRIなどの検査で腰部脊柱管狭窄症の診断をうけ、リハビリと投薬の治療を受けるも悪化、犬の散歩も座っていてることも痛みで困難となり、知り合いの紹介で、当院を受診されました。
紹介してくださった方には申し訳ないのですが、私の記憶にはなく、この患者さんと同じような症状が、私の院での施術三回で良くなったそうです。
整形外科で除外診断が済んでいること、問診、触診、深部反射、筋力検査 etc などを細かくした結果、更に除外しておくべき疾患がないので、治療を開始しました。
最初は週二回×2、その後、週一回の治療×2回、合計6回の治療が済んだ時点で、たまにスネに少し違和感がある時があるが、すぐに忘れてしまうくらいまでに回復したので、略治としました。

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2013年07月03日(水) 17:51