京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告 (2015年02月)

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

著効例ですが、60歳代女性の患者さんの症例です。
主訴は、今年の初めころから、足裏が歩くと痛くなり、放置している間にだんだん酷くなり、痛みだけなくシビレも加わり、数百メートルも歩くと痛くてたまらないと言う事でした。
かかりつけ医には、足根管症候群かもしれないが、取りあえず悪い病気ではないので、暫く様子を見ましょうと言われたそうです。
様子を見ていても、痛みやシビレに変化が無いので、知り合いの紹介で、右京区花園方面から来院されました。
確かに、足の裏のシビレは、世間で言うところの、足根管症候群と呼ばれる病態に似ていましたが、主訴は、あくまで痛みです。
屈筋支帯を中心に、ミオラブを使って丁寧に処理して様子を見てもらったところ、次の来院時のお話では、かかりつけ医の帰り道、約2キロの道のりを歩いたけれど、痛みもシビレも出なかった言うお話でしたので、痛くなれば、また来てくださいと言って、略治とした症例です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)や、トリガーポイントは、ありふれているにも関わらず、医療従事者の多くが、その存在すら知りません。
江原鍼灸整骨院.は、京都JR嵯峨野線円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートルの場所にある、トリガーポイント鍼灸・手技療法専門院です。
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐですので、上記のような足根管症候群、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰痛などの
痛みやシビレ、不定愁訴でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

images

 

画像が、治療に使用したミオラブです。

 

IMG_0160

 

 

 ・痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント鍼灸療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日 ・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

 

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2015年02月24日(火) 20:30

数年前から続く、右前腕の痛みで来院された、30歳代男性の患者さんの症例です。手を酷使する仕事で、色々な治療を試したが効果が見られず、最近では、自転車のハンドルを握ることも辛くなり、知り合いから、トリガーポイント鍼灸の事を聞き、京都市中京区方面から来院されました。
深部反射や筋力検査で異常が見当たらず、筋膜性疼痛症候群(MPS)と判断して、トリガーポイント鍼灸治療を開始しました。痛みは前腕の筋肉だけでなく、棘下筋も深く関係していたようで、棘下筋、指伸筋を中心に、約2ケ月の間に8回のトリガーポイント鍼灸治療をしたところ、症状は徐々に良化して行き、8回目の治療終了時点で、寛解と呼べる状態にまで回復しましたので、略治としました。
今回の痛みは、作業関連と大きく関与しているようで、繰り返すようであれば、生活習慣の見直しが必要な症例かもしれません。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント鍼灸療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:手・腕の痛み

ebara / 2015年02月10日(火) 07:37

約一月前に、突然右膝に激痛が走り、歩くことも、ままならなくなった50歳代女性の患者さんの症例です。
整形外科を受診され、レントゲン検査の結果から、変形性膝関節症から来る炎症と診断されたそうです。治療の方は、膝に水が溜まっていることもないので、電気などを患部にあて、筋力強化のために運動療法をしましょうと言う事で、暫く通院していたそうですが、思うような結果が出ず、インターネットで検索され、京都市上京区方面から来院されました。
来院時、既に除外診断が済んでいたことから、筋膜性疼痛症候群(MPS)による痛みと判断して、週二回のペースで、右膝の内側広筋を中心に、トリガーポイント鍼灸をしたところ、三回目の治療後、自宅まで数キロの道のりを歩いて帰れるまでに回復され、四回目の治療で、寛解と言える状態になりましたので、略治とした症例です。

  

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
 円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:膝の痛み

ebara / 2015年02月05日(木) 15:58