京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告 (2016年05月)

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

40代男性のAさんは、10日ほど前から左の背中が痛み出し、だましだまし仕事をしていたそうです。
今朝からは、息が出来ないほどの痛みに襲われ、江原鍼灸整骨院.を受診されました。
動作分析や触診などから、左の第8~11肋骨の高さで、最長筋と腸肋筋の間を押さえると認知覚が発生しました。
しかし、この部分は下に肺があるので、不用意に奥に鍼を進めると気胸を起こす恐れがある部位です。
そこで、エコーガイド下筋膜リリース鍼で、安全を確保しながら、トリガーポイント鍼・筋膜リリース療法を加えました。
帰るときには、10の症状が、0.5にまで良化していることを確認し、1回の治療で略治とした症例です。

 

(患者様に同意を得た上で、画像、動画を掲載しています。)

IMG_2059

 

下で動いているのが(肺)胸膜です。
その上を立てに動いているのが鍼です。
胸膜の深さまで鍼が入らないように気を付けながら、鍼を操作しながら認知覚を探しました。

 

★全ての患者様に、エコーガイド下筋膜リリース鍼を行うわけではありません。

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、北野白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:背部の痛み

ebara / 2016年05月19日(木) 15:21

30歳代女性のAさんは、左臀部、大腿上部の強烈な痛みで整形外科を受診。
梨状筋症候群と診断され、リリカとロキソニンが処方されていました。
Aさんは、内科の医師で、処方された薬や量から、自分の痛みは神経ではなく筋肉ではないかと感じ、インターネットで検索すると、筋痛に生理食塩水の注射が効果があると知り、それでは鍼が効くのではないかと閃いたそうです。
そして、インターネットで、筋膜性疼痛症候群(MPS)、トリガーポイントの存在を知り、江原鍼灸整骨院.に来院されました。
初めて来院されたときは、松葉杖なしでは歩けず、寝た状態から起き上がるのに40分かかる状態でした。
整形外科にて、除外診断が済んでいた事から、Aさんが訴える痛みは、筋膜性疼痛症候群(MPS)ではないかと考え、赤いマークの左殿部、腰部のトリガーポイントを中心に、2週間に3回の、トリガーポイント・筋膜リリース療法を加えました。
2回目の治療に来られたときに、ほぼ松葉杖が必要ないまでに良化。
3回目の治療後、痛みはほぼ消失するまでに良化したので、略治とした症例です。

 

yama

 

下の動画は、今回の症例とは関係ありませんが、エコーガイド下筋膜リリース鍼の様子です。
★全ての患者様に、エコーガイド下筋膜リリース鍼を行うわけではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、北野白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:股関節の痛み

ebara / 2016年05月13日(金) 15:15