京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告 (2018年01月)

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

六十代女性のAさんは、一年くらい前から、歩くと左脚が痛くなりだし、休むと回復すると言う状態になり、自転車では、どこまでも行けるので、騙し騙し生活をしていたそうです。
心配した家族から、病院へ行くように強く勧められ受診すると、MRI検査等から、脊柱管狭窄症の診断を受け、手術したほうが良いと言われたそうです。
恐くなって、インターネットで検索し、当院を受診されました。
初診来院時の検査や問診、超音波エコー検査を丁寧に行い、病院で、除外診断が済んでいることから、Aさんが訴える痛みは、危険な疾患でないと判断し、施術に入りました。
左臀部や左下腿を中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら、施術を行ったところ、初回の施術後から、歩行時の痛みが軽減している事を実感し、最終的に、左の小殿筋を施術した結果、五回の施術終了時点で、痛みなく歩けるまでに回復した症例です。 

 

その他の坐骨神経痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

 

32145 

 

★下の動画は、超音波エコーガイド下鍼の動画です。
今回の症例とは関係ありませんが、超音波エコーガイド下鍼なら、危険な部位でも安全を担保しながら鍼施術が行えます。
ただし、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2018年01月30日(火) 07:11