京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

広島からFAで、巨人に移籍した丸選手。
年俸が、5年総額30億とも35億とも言われています。
凄い数字ですが、本人が頑張って得た権利を使って、巨人との思惑が一致したのですから、外野がとやかく言う理由は無いですね。
それを高いと考えるか?安いと考えるか?は、人それぞれです。
仕事の評価って何?と考えた時、相手に支払う対価で評価するのが分かりやすいのです。
しかし、単に持っているお金や、支払われるお金のみで評価すると、世の中歪んでしまいます。
また、仕事が自己満足で終わってしまうと、次の世代に仕事が繋がらないのです。
私の場合、仕事の評価として頂く金額は、保健診療にすると、色々な制限がある上に、一回千円前後の報酬です。
その金額で生計を立てるとすると、数をこなさなければいけません。
そうなると、提供するサービスの質が落ちることはあっても、上がる事はありません。
医療業界を見渡すと、一回の施術が10万円を超す高額なものもありますが、私の肌感覚では、いくら仕事の評価とは言え、流石に高額すぎると思います。
私は、仕事は社会貢献も重要と考えますので、施術費用は、自分の肌感覚では、かなり抑えた金額設定にしています。
これを患者さんが、保険が効かないから高いと考えるかもしれません。
改めて考えると、仕事の評価をどう捉えるかは難しいところです。

 

img_058816f383d252100d5788c0c5bc4e5f424666

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年12月03日(月) 08:05

毎日、今日なんとか施術して欲しいと言う電話が、必ずあります。
空きがあれば施術しますが、空きが無ければどうすることも出来ません。
急患の依頼は、柔軟に対応いたしますが、それでも物理的に限度があります。
当院は、WEBサイトでも案内していますが、一日の施術する人数に上限を設けています。
その為、事前の予約を入れておられる患者さんを、最優先で施術します。
また、こちらも事前の準備をしていますので、安易な理由でのキャンセルは辞めてください。
日本の痛み医療は、欧米より20年以上遅れていると言われていますが、筋膜性疼痛症候群(MPS)治療の第一人者の医師は、日本の痛み医療が遅れている背景に、日本人がサービスを無料と考える国民性にも問題があると仰ります。
自分だけに良く、相手に労を押し付けるシステムは、やがて機能しなくなるものです。

 

 

v-treat-01

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年11月12日(月) 07:29

痛みの悪循環に陥ると、思考も堂々巡りの傾向になるように感じます。
性格傾向も、痛みに大きく関与しているとも言われていますので、堂々巡りが先なのかもしれません。
私も経験がありますが、身体が病んでいるときは、心も病んでいきます。
心身一如です。
アドバイスしてあげられることは、頭でいくら考えても答えは出ない、やるか!やらないか!のどちらかしか無いと言う事です。
もちろん、失敗することもあるでしょうし、なかなか思うようにいかない事で、一時的に後戻りするかもしれません。
しかし、少しづつでも経験値を積み上げることで、必ず、良い変化が出てくるはずです。
ご縁があった患者さんが、長引く痛みを手放すその日まで、当院は、トリガーポイント鍼施術・筋膜リリース療法を用いて、そっと見守り続けらる存在で居たいと思います。

 

Sunrise Yoga

 

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年05月01日(火) 08:50

ここ数年、インターネットを見て受診される方が増えました。
少なくとも、インターネットが出来ると言う方は、まったく出来ない方よりも、情報を得る力が長けているハズです。
しかし、いまやネットの情報を鵜のみにする訳にはいかない時代です。
私も過去に、架空サイトであったため、インターネットで注文した商品が、届かない被害にあったことがあります。
お金を振り込むと商品が届くと言う、当たり前に思っていたことが、当たり前で無い事に気づかされた瞬間でした。
ほんの一例ですが、患者さんから、悲しい声を聞く機会が増えました。
○○院は、ネットの情報とまったく違い、思った結果がでなかった。
○○院で、回数券を半強制的に勧められ、予約を頻繁に取らされた。
○○院は、毎回施術する人が変わり、同じ質問を繰り返された。
○○院で、骨盤矯正を受けてから、逆に痛みが強くなった。

流石に、患者さんを騙して儲けようとし、情報発信いるような人は居ないと信じていますが、先日、我が家に入ったポスティングのチラシは、まさに騙しテク満載のチラシでした。
そもそも、インターネットでは上位表示されないと、多くの人の目に留まりません。
検索上位に来るには、PPC広告、SEO対策、内容が伴っていなくても、お金があれば目につくようにできます。
広告費をかける以上、元を取らないといけません。
スタッフをたくさん抱えると、給料や福利厚生費、家賃などの固定経費が必要です。
早く治す方が利益が減るわけですから、不要な事をしてでも、利益を優先する院があるのも事実です。
一人院だから、大丈夫と言う訳でもありませんが、クチコミサイトの上位を見ればわかると思いますが、多くがチェーン店です。
悪いクチコミは、UPされない仕組みになっていますから、公平性がありません。
更に、クチコミを書きこんだ人(クチコミ投稿が多い人)を観察すると、全国の色々な治療院のクチコミを書きこんだりしていますが、大いに疑問が沸きます。
クチコミを書きこむ事を業としている人が、存在するとも耳にします。

 

maruhi

 下記のような治療院は、私が、患者なら選ばないと思います。

PPC広告などで、毎回表示されるるなど、過度な宣伝をしているところ。
クチコミサイトの書き込みが異様に多い、多店舗展開、若いスタッフばかり。
特別な治療法を自分で開発したかのように謳う院。
追加オプションが多く、最終的に支払う額が高くなるような院。
初診時に、回数券を購入させ、以降の通院を促すような院。
必要としない矯正があるにも関わらず、矯正ありきで施術を考えているような院。

 

o037804201328073333357

 

 

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年03月05日(月) 08:11

生まれてきた意味って何だと思いますか?
昔は、色々考えましたけど、私の現時点の答えは、生まれてきたことに、意味なんて無いって事です。
生まれた時から、周りには物があふれ、無料のサービスもたくさんあり、教育や医療水準も高く、水道を捻れば飲める水が出る。
このような国は、世界中で、日本とスイスくらいだそうです。
生まれてきたことに、意味はなくても、自分にどう投資して?どう回収するか?そして、どう社会に還元するか?
そこが重要だと思うようになりました。
臨床の現場で出合う多くの人は、何もしないのに出てきた痛みを、考え方の癖、食生活、生活習慣が大きく関与している事に気づいていません。
若いころと同じように、健康がタダで手に入り、無理も効くと勘違いしているように感じます。
しかし、自分の経験からも言えることは、そうはいかないのです。
健康に良いとされることは、山ほどありますが、忙しい毎日で、何かを増やす事は、容易ではありません。
何かを引く事、誰かに代わってもらえる事を取り入れることが、継続できるポイントだと思います
私の場合は、自分への投資と考え、過食を辞め、トリガーポイント鍼療法を行う機会を増やし、快適にに毎日を過ごせるようになり、生活の質があがりました。
自分への投資は、人それぞれです。
手前みそになりますが、やっぱり、トリガーポイント鍼療法は、良いなと実感しています。
これからも、多くの人に、トリガーポイント鍼療法を通じて、社会貢献ができたらと思います。

 

o037804201328073333357

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:独り言

ebara / 2018年01月26日(金) 08:55

江原鍼灸整骨院.が、トリガーポイント療法専門院である理由(1)の続きです。
慢性化した痛みには、色々な痛みが混在していると考えられますが、それを色分けすることは出来ません。
治療を行い、効くか効かないかで判断するしか出来ません。
薬で考えてもらうと、分かりやすいと思います。
1日1錠×3回を1週間分出されたなら、決められた容量をしっかり飲んだにも関わらず、薬の効果が無ければ、薬の量を足すなり、変更するなり、次のステップに進めます。
当たり前ですが、ちゃんと服用できていなければ、次には進めません。
効かない治療を継続することや、効かない薬を飲み続けるメリットはありません。
これを、私が行うトリガーポイント鍼灸に置き換えてみてください。
1回で期待する効果が出れば良いのですが、長引く痛みは、治療期間が長くなる傾向にあります。
私は、1週間に2回の治療を2クール=2週間で4回の治療。
それが無理なら、1週間に1回の治療を3クール=3週間で3回の治療で、評価しています。
何故一定期間に、それなりの回数の治療が必要であるかを、初診時に時間をかけてお伝えします。
(3~4回で完治すると言う意味ではありません。)
しかし、取りあえず1回だけの治療を希望される患者さんが、最近多くなりました。
1回の治療でも、お引き受けしますが、効果が出なかった場合、治療自体が効果が無かったと言うより、回数が足りずに効果が出なかった可能性が残ります。
出された薬を飲まなずに、良くならなかったと言っている事と同じです。
次に繋がらない可能性があります。
効くか効かないをはっきりさせないままにしていると、どこかに神の手を持つ人が居る、魔法のような治療法があると考え、何年もウロウロしながら、全く治療が前に進んでいない患者さんを、よくお見受けします。
私は、3~4回の治療で、焼き魚を骨のみにするイメージで治療を行っています。
あくまでイメージですが、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みであれば、上記の回数で何かしらの変化が出るはずです。

 

fish02_01

 

 

カテゴリ:独り言

ebara / 2015年09月10日(木) 07:05

痛みの事は、まだまだ分からないことだらけです。日本の痛み医療は、欧米よりも20年以上遅れているとも言われています。
長引く痛みを一言で痛いと訴えても、炎症による痛み、筋肉、筋膜由来の痛み 、神経が傷ついた痛み、脳が記憶したり、過敏化した痛み、etc が複雑に絡み合っているのだと思います。
炎症に伴う痛みは、お薬の出番です。
痛みが長引き、行動制限が起こっている場合、カウンセラーが必要になるかもしれません。
スポーツをやっている人は、体の使い方を専門家にアドバイスして貰った方が、早く解決する痛みがあるかもしれません。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント由来の痛みに関しては、一生懸命に治療します。
と言う意味での、トリガーポイント療法専門院です。
本来は、長引く痛みを一つの方法で何とかしようとするのではなく、互いの治療の良さを認め合い、多種連携することが、患者さんだけでなく、治療を提供する側にもプラスに働くはずです。
しかし、言うは易く行うは難しが現状です。

 

 

trigger

 

 

カテゴリ:独り言

ebara / 2015年09月09日(水) 21:57