京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
治療時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

江原鍼灸整骨院.が、トリガーポイント療法専門院である理由(1)の続きです。
慢性化した痛みには、色々な痛みが混在していると考えられますが、それを色分けすることは出来ません。
治療を行い、効くか効かないかで判断するしか出来ません。
薬で考えてもらうと、分かりやすいと思います。
1日1錠×3回を1週間分出されたなら、決められた容量をしっかり飲んだにも関わらず、薬の効果が無ければ、薬の量を足すなり、変更するなり、次のステップに進めます。
当たり前ですが、ちゃんと服用できていなければ、次には進めません。
効かない治療を継続することや、効かない薬を飲み続けるメリットはありません。
これを、私が行うトリガーポイント鍼灸に置き換えてみてください。
1回で期待する効果が出れば良いのですが、長引く痛みは、治療期間が長くなる傾向にあります。
私は、1週間に2回の治療を2クール=2週間で4回の治療。
それが無理なら、1週間に1回の治療を3クール=3週間で3回の治療で、評価しています。
何故一定期間に、それなりの回数の治療が必要であるかを、初診時に時間をかけてお伝えします。
(3~4回で完治すると言う意味ではありません。)
しかし、取りあえず1回だけの治療を希望される患者さんが、最近多くなりました。
1回の治療でも、お引き受けしますが、効果が出なかった場合、治療自体が効果が無かったと言うより、回数が足りずに効果が出なかった可能性が残ります。
出された薬を飲まなずに、良くならなかったと言っている事と同じです。
次に繋がらない可能性があります。
効くか効かないをはっきりさせないままにしていると、どこかに神の手を持つ人が居る、魔法のような治療法があると考え、何年もウロウロしながら、全く治療が前に進んでいない患者さんを、よくお見受けします。
私は、3~4回の治療で、焼き魚を骨のみにするイメージで治療を行っています。
あくまでイメージですが、筋膜性疼痛症候群(MPS)と呼ばれる痛みであれば、上記の回数で何かしらの変化が出るはずです。

 

fish02_01

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:独り言

ebara / 2015年09月10日(木) 07:05

痛みの事は、まだまだ分からないことだらけです。日本の痛み医療は、欧米よりも20年以上遅れているとも言われています。
長引く痛みを一言で痛いと訴えても、炎症による痛み、筋肉、筋膜由来の痛み 、神経が傷ついた痛み、脳が記憶したり、過敏化した痛み、etc が複雑に絡み合っているのだと思います。
炎症に伴う痛みは、お薬の出番です。
痛みが長引き、行動制限が起こっている場合、カウンセラーが必要になるかもしれません。
スポーツをやっている人は、体の使い方を専門家にアドバイスして貰った方が、早く解決する痛みがあるかもしれません。
江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント由来の痛みに関しては、一生懸命に治療します。
と言う意味での、トリガーポイント療法専門院です。
本来は、長引く痛みを一つの方法で何とかしようとするのではなく、互いの治療の良さを認め合い、多種連携することが、患者さんだけでなく、治療を提供する側にもプラスに働くはずです。
しかし、言うは易く行うは難しが現状です。

 

 

trigger

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:独り言

ebara / 2015年09月09日(水) 21:57

昨晩、なかなか寝付けず、テレビを見ていたら、プロフェッショナル仕事の流儀が放送されていたので、久しぶりに見ました。今回は、笹子三津留先生の特集でした。印象に残った言葉は、明らかに手術で癌を取り残しても完治するかたも居る。言い換えれば、癌の手術に100%も0%もない。これは、痛みの治療についても同じことが言えそうですね。何かの治療法がダメだったから、諦めなければならないというものではありません。
笹子三津留先生は、最後に、プロとは、どんな困難な場面からも逃げず、その道を追い続け、そこで得た物を後進に伝えていくことである。そのような事を仰っていました。まさに求道者ですね。私も、プロフェッショナルと胸を張って言えるように精進します。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:独り言

ebara / 2014年04月18日(金) 07:22

先日の同窓会で再開した同級生が、トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.に通院してくださっていた元患者さんと知り合いで、元患者さんが、今では腰痛とは無縁になり、ガンガントレーニングをされていると言う嬉しい近況を聞くことができました。私も元患者さんの事はよく覚えています。腰の固定術をしても痛みが取れない方でした。その辛いリハビリの過程を知っている同級生からすれば、私の取った行動を疑問に思うのも不思議ではありません。元患者さんに指導した事は、治療行為を全て辞めさせる事でした。全ての人に、間違ってもこのような対応はしませんが、今までの治療経過や年齢、性格傾向、腰痛は怒りである!を熟読されて来院されたことなどを考慮して導き出した答えです。治療を辞めさせるには、その意味を説明する時間を充分に確保する必要があります。治療を辞めさせるのですからお金にはなりません。良くなって感謝されても、このようなやり方では、患者さんを紹介してもらうこともありません。下手をすれば陰口を叩かれてしまうかもしれません。(笑)この患者さん以外にも、同じようなことを指導して成功している例は他にもありますが、治療をやめさせると言っても、いきなりではなく、自立できるまでの間はメール相談などでのフォローをしていました。治療を辞めると言う事は、言いかえれば、痛みの事を意識しないようにさせる訳です。このようなやり方で成功した場合は、痛みが構造や形が原因では無く、ソフトの意味合いが大きい痛みだったとも言えるかもしれません。
【注:全ての方がこのような方法で良くなるわけではありません。】

かれこれ十年くらい前に読んだ菊地臣一先生の著書に、【良くならずに、いつまでも通院されることは、診る側の負けを意味することである。】そのような事が書いてありました。読んだ当時は、大学病院のように、ほっておいても患者さんが集まるから言える事?そんな程度に受け止めていた気がします。私が好きなプロゴルファーの谷口徹プロは、プロはアマチュアとの差をこう表現します。アマチュアに圧倒的な差を付けて勝ってこそプロフェッショナル。プロである以上、自分を頼ってきてくださる患者さんには、お金にならなくても常にベストの方法を模索、提供し、患者さんの為にならないことは、患者さんが望んでも断る勇気が必要でないかと思います。50歳を前にして、少しはプロらしい仕事ができるようになったかもしれません。

注:現在諸事情により、上記のような治療法を希望されてもお応えできません。予めご了承ください。

 

痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院
トリガーポイント療法専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地
 (JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
・診療時間 9:00~19:30(水・土 午前中のみ)・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639  「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:独り言

ebara / 2013年10月18日(金) 15:38