京都JR円町駅5分の江原鍼灸整骨院.は、トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院。ヘルニア、坐骨神経痛、むちうち、腰痛、膝痛の治療が得意
京都市中京区 JR円町駅5分 筋筋膜性疼痛症候群(MPS)  座骨神経痛 ヘルニア 脊柱管狭窄症 トリガーポイント療法専門院 江原鍼灸整骨院.
HOME
初めての方へ
筋膜性疼痛症候群(MPS)・トリガーポイント
超音波エコー観察装置とエコーガイド下筋膜リリース鍼
施術の流れ
施術時間・料金
メディカルヨガ
痛みの体験記
患者様の声
症例報告
このような症状の方が来院されています。
よくある質問
アクセス
お問合せ
ブログを書く理由
治療室日記
漢(男)のブログ
リンク集
診療日カレンダー
Calendar Loading

月別アーカイブ

江原鍼灸整骨院.
江原鍼灸整骨院. Facebookページ

症例報告

過去に治療を行った症例報告です。治療部位毎に経緯などをまとめています。左側のカテゴリ選択から治療部位を選択できます。

三十代女性のAさん、二年程前に虫歯の治療で長く口を開けてから、左顎が痛くなりだしたそうです。
症状は、気にならない時もあれば、酷い時は、物が噛みしめられないくらい痛むような状態だそうです。
違う歯科医院では、歯並びに原因があると言われ、自費での歯列矯正を勧められたそうです。
江原鍼灸整骨院.を受診された際に、念のため、超音波エコー検査を行いましたが、問題は無く、問診や病歴などから、顎の痛みは、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考え施術に入りました。
咀嚼に関する筋だけでなく、頭痛を伴う酷い肩こりもあったので、首や肩の活性化したトリガーポイントを中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術しました。
週一回のペースで、四回施術した時点で、顎の痛みや酷い肩こりが良くなったので、略治とした症例です。
噛み合わせが原因と言われた痛みに、トリガーポイント療法・筋膜リーリース療法で、良くなった訳ですから、痛みの本態は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントだったと言える症例です。
何より、噛み合わせを治すより、はるかに時間的、経済的な負担が少なくて済みます。

 

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

9856

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年10月30日(月) 07:43

二十代女性のAさんは、職場のストレスが多く、絶えず肩から首にかけて力が抜けず、寝ているときの歯ぎしりも強いそうです。
最近では、常時右顎に痛みがあり、受診した歯科医院で、顎関節症による痛みなのではと、大学の口腔外科を紹介されたそうです。
インターネットで検索する間に、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みがあることを知り、江原鍼灸整骨院.を受診されました。
念のため、超音波エコー検査を行いましたが、問題は無く、問診などから、ストレスと関係が深い、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントでは無いかと考え施術に入りました。
咀嚼筋、首や肩の首や肩の活性化したトリガーポイントだけでなく、副交感神経の活動を優位にする為の鍼も同時に行いました。
二カ月の間に六回の施術で、顎の痛みや肩こりは、気にならないくらいに良化しました。
また、顔の鍼をすることによって、肌の艶が良くなり、化粧のノリが良くなったと言う、美容効果もあったそうです。
ストレスと関係が深い、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントであること、美容効果もあった事から、Aさんの希望で、一月に一回のペースで、様子を見て行くことになった症例です。

その他の施術例⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report

 

赤いマークを中心に施術

 

25894

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:その他の痛み

ebara / 2017年10月28日(土) 07:30

四十代女性のAさん、交差点で出合い頭に衝突し、その時は何もなかったそうですが、一週間ほどしてから、首の痛みや頭痛がおきるようになったそうです。
レントゲン検査、MRIに異常は無く、湿布・飲み薬・マッサージ・温熱治療・牽引etc 効果は無かったそうです。
会社の同僚に、テレビで見かけた、トリガーポイントと関係があるのではないかと言われ、江原鍼灸整骨院.を受診されました。
Aさんの場合、除外診断が済んでいる事や、検査や問診などで気になる点が、見当たらなかったので、Aさんが訴える症状が、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと深くかかわっているのではないかと考え、施術に入りました。
首周り・側頭筋・咬筋などに出来た活性化したトリガーポイントを中心に、触診と鍼先で丁寧に探しながら施術しました。
週一回のペースで、五回施術した時点で、首痛や頭痛が起こらなくなったので、略治とした症例です。
このように、交通事故後の痛みや不定愁訴は、放置しておくと、長引く可能性がありますので、早期からの施術が重要です。
しかし、残念な事に医療従事者の多くが、ありふれた、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みや、効果がある施術の方法を知りません。
江原鍼灸整骨院.では、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントの治療を得意としています。

 

その他の首痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/neck

 

赤いマークを中心に施術

 

12453

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首の痛み

ebara / 2017年10月27日(金) 12:08

三十代男性のAさん、一年前に車に追突されてから、首の痛みやめまいが起こるようになったそうです。
元々、交通事故前は、肩こりなどは一切なかったそうです。
レントゲン検査、MRIに異常が無いことから、事故との因果関係がつかないとして、損害保険会社には、半年ほどで治療の打ち切りをされたそうです。
Aさんは、自分の症状がインターネット検索で、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントでは無いかと感じ、江原鍼灸整骨院.を受診されました。
問診・検査等から、Aさんの訴える症状は、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと考え、施術を開始しました。
Aさんの場合、胸鎖乳突筋・多裂筋・半棘筋・側頭筋などにできた、活性化したトリガーポイントを施術しました。
このような症状は、活性化しているトリガーポイントの触診や鍼先の感触・罹患筋のイメージなど・etc・とても重要になってきます。
週一回のペースで、一ケ月半・六回の施術を行ったところ、首痛やめまいが起こらなくなったと言うことなので、略治とした症例です。
このように、交通事故後の痛みや不定愁訴は、放置しておくと、長引く可能性がありますので、早期からの施術が重要です。
しかし、残念な事に医療従事者の多くが、ありふれた、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントと言う痛みや、効果がある施術の方法の存在を知りません。
江原鍼灸整骨院.では、筋膜性疼痛症候群(MPS)、活性化したトリガーポイントの治療を得意としています。

 

その他の首痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/neck

 

赤いマークを中心に施術

 

7845

 

★下の動画は、エコーガイド下鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

トリガーポイント鍼灸・筋膜リリース専門院の江原鍼灸整骨院.ホームページ
痛みの体験記
ブログを書く理由
こんな症状の方が来院

・京都市中京区西ノ京御輿岡町10番地(JR円町駅を北へ徒歩5分。島津アリーナ京都を南へ100メートル。)
円町、大将軍、白梅町、花園、西ノ京、太秦、等持院、鳴滝、御室、龍安寺、宇多野方面からもすぐです。
・診療時間 午前9:00~12:00 午後16:00~19:30(水・土 午前中のみ)
・定休日 日曜日 祭日
・電話 075-463-8639
・「ホームページをみて…」とお電話ください

カテゴリ:首の痛み

ebara / 2017年10月26日(木) 12:06

三十代女性のAさん、自転車を降りる時に膝が少し内側に入り、そのうち治るだろうと思っていたら、徐々に痛みが強くななって来たそうです。
次第に、日常生活に支障が出るようになり、近くの整形外科を受診。
レントゲン検査の結果から、骨には異常は無いが、軽い内側の靭帯の損傷と言われ、痛み止めと湿布で様子を見ていたそうです。
しかし、一向に良くなる気配がなく、友人の勧めで当院を受診されました。
初診時、歩行時は膝を庇うような歩行で、腰の方まで痛みが広がっていました。
超音波エコーで観察や、触診から鵞足部を中心に二回の施術後、痛みなく生活できるまでに回復した。
Aさんが訴える痛みに、当院の施術が効果あったことから、痛みの本態は、靭帯損傷の痛みでは無かった言えます。
痛みは、放置しておくと、一気に広がる恐れがありますので、早期の除痛が必要です。

 

その他の膝痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/knee

 

赤いマークを中心に施術

12457

 

★下の動画は、エコーガイド下での大腿へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

カテゴリ:膝の痛み

ebara / 2017年09月30日(土) 08:04

六十代女性のAさんは、お盆で旅行に出かけた際に、少し歩いた後から左膝の内側が痛み出し、徐々に痛みが強くなり、生活に支障を来すようになった為に、整形外科を受診したそうです。
レントゲン検査の結果から、変形性膝関節症による痛みと診断され、ヒアルロン酸注射と痛み止めを飲んで様子を見ていたそうですが、良くなる気配がなかったそうです。
そこで、MRI検査を追加して行うと、小さな半月板損傷も見つかり、痛みを取るには、手術も考えた方が良いと言われたそうです。
当院に来院された時には、除外診断が済んでいる事、超音波エコーで観察しても、気になる所見も見つからなかったこと、内側広筋付着部にジャンプサインを呈する事などから、内側広筋を中心に、四回の施術で、痛みなく生活できるまでに回復したので、略治としました。

 

その他の膝痛の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/knee

赤いマークを中心に施術

 

7789

 

★下の動画は、エコーガイド下での大腿へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:膝の痛み

ebara / 2017年09月29日(金) 08:43

高校男子のAさは、何も原因が無く、一ケ月前頃から腰が痛くなり、徐々に日常生活に支障が出始め、痛みの為、学校で授業中に座っていられなくなるまでに悪化して、病院を受診。
検査などの結果から、椎間板ヘルニアの診断で、暫く様子を見るように言われたそうです。
初診時は、お年寄りのように腰を曲げた状態で、痛みの為に、二~三分しか座ることは不能、特に靴下を履くような動作が困難でした。
除外診断が済んでいること、エコー検査や問診、整形外科テスト、触診などから問題なく、運動考察、触診から、右の多裂筋、右の腸腰筋、右臀部の筋を割り出し、そこを施術したところ、可動域がすぐに改善、痛みも大幅にやわらぎ、三回の施術で略治としました。
 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

 赤いマークを中心に施術

1452

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

 

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月15日(金) 15:02

三十代男性のAさんは、四ケ月程前にレンタカーを借り、長時間運転をしてから、左の坐骨や仙骨付近に痛みを覚えるようになりました。
仕事の大半がデスクワークと言う事で、次第に仕事にも支障がでるようになり、病院を受診したそうです。
検査の結果から、椎間板ヘルニアと診断され、もう少し様子を見ましょうと、飲み薬が処方されたそうです。
しかし、薬を飲んでも一向に良くならないので、カイロプラクティック・鍼灸も試されたそうですが、効果はなかったそうです。
初診時、除外診断が済んでいたので、問診、触診などから、左股関節の外旋筋を中心に施術をしたところ、すぐに痛みが良化しました。
四回の施術で痛みなく座れ、日常生活に支障がなくなるまでに良化したので、略治としました。
椎間板ヘルニアと診断された痛みに、当院での施術が効果あったことから、痛みの本態は、ヘルニアによる痛みでなかったと考えられる症例です。

 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

赤いマークを中心に施術

32145

 

 ★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月13日(水) 07:22

五十代男性のAさは、ゴルフが大好きで、休みの日はゴルフと言うような生活を、長く続けて来たそうです。
冬から春になる頃に、さらなる向上を求め、スイング改造に取り組んで暫くしてから、左の腰から臀部にかけて違和感が出はじめ、それでも練習を続けるうちに、ついにコースで痛みの為に動けなくなったそうです。
病院を受診すると、検査結果から、椎間板ヘルニアの診断。
痛みが引くまで、ゴルフをしないようにと指示され、リハビリに通院していたそうです。
リハビリをしても、ゴルフを休んでも一向に良くならず、体を左に傾けたり、左に捻ると激痛が走ると言う訴えでした。
初診来院時に痛くなる動作から、左の腸腰筋、腰方形筋、臀部の筋を割り出し、そこに五回の施術を行ったところ、痛みなくゴルフのスイングができるまでに回復。
これで、秋のトップシーズンはゴルフ三昧です。と言う嬉しい感想をいただきました。
 

その他の椎間板ヘルニアの治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/herniated-disk

 

 赤いマークを中心に施術

231

 

★下の動画は、エコーガイド下での背部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

カテゴリ:首・腰の椎間板ヘルニア 

ebara / 2017年09月10日(日) 09:03

七十代男性のAさんは、健康のために半年ほど前から、毎日一時間程度歩くようになってから、右脚になんとなく違和感が出はじめ、そのうちに、歩いていると痛みが強くなり、休むと楽になると言う繰り返しになったそうです。
暫く様子を見ても良くならなかった為に、病院を受診すると、検査の結果から、脊柱管狭窄症と言う診断。
痛みは、神経が押さえつけられているのが原因であり、リハビリをして、症状が変わらなければ、早めに手術を考えた方が良いと言われたそうです。
症状に変化は無く、手術をする気にもなれず、知人に相談したところ、当院を紹介され受診されました。
腰部、臀部深部、下肢を丁寧に施術した結果、六回の施術で、痛みなく歩く事や、生活に支障がなくなった症例です。

その他の脊柱管狭窄症の治療例はこちら⇒http://www.ebara-acupuncture.com/archives/category/case_report/spinal-canal-stenosis

 

 赤いマークを中心に施術

546

 

★下の動画は、エコーガイド下での臀部深部へのトリガーポイント鍼の動画ですが、今回の症例とは関係がありません。
また、すべての患者様に、エコーガイド下でのトリガーポイント鍼を行う訳ではありません。

 

 

 

カテゴリ:坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

ebara / 2017年09月07日(木) 07:55